2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

気が付けば今年も四分の一が過ぎました。
桜もそろそろ終わりです。

いつもの散歩コース
DSC09546.jpg


そしてラルゴが旅立って3ヶ月。


ラルゴが生きている間はラルの夢なんて見たこともなかったのに
それが四十九日とお彼岸に見ました。なんでこの日?

四十九日に見た夢は、元気だった頃の夢で、まぁ~普通の夢でした。
が、が、、、お彼岸に見た夢はなんて言っていいのか・・・・

ラルゴが生き返ったのです。(夢の中で、嬉しさと驚きでパニックになっている私)
そのラルが、長い階段を登っていくのです。
私は階段の下で落ちないか心配で、ラル~と呼んでいます。
するとラルが振り返り、階段を降り始めたのです。

中略~~~~

そして話し出しました。

『先生に有難うと言っておいてね』でした。
飼主ではなく先生でした。笑

ラルは本当に動物病院が好きでした。
嫌なこといっぱいされていたのに。
先生というのはきっと獣医さんのことだと思っています。

旦那曰く、ラルゴが行こうとしていたのに
戻ってしまったから、行くところにもにも行けず まだここに留まっているのでは・・・と言っています。笑
そばに居てくれるのは嬉しいですが・・・


亡くなる前日 最後の3ショット
DSC01056.jpg



次は母が見た夢です。

母が3月の半ば過ぎに、ちょっと危険な状態になったのです。
その時母が見た夢は
亡くなった身内が迎えに来ていたこと。
亡くなった父や自分の母、既に他界した身内が出てきて
こっちに来ては行けない・・・
まだ来るのが早い・・・と言っていたと。

たまに聞きますが、やはりあるのでしょうかね。



余談

先日海津大崎に行ってきました。

DSC09553.jpg

DSC09556.jpg

DSC09557.jpg


帰り湖北の Wan's Garden ドッグカフェ・ランに寄りました。
ランに行った意味なし

DSC09594.jpg

DSC09593.jpg


DSC09576.jpg

もうすぐ3月、春がそこまで来ています。
今年は久しぶりに雪が多かった湖水地方です。

さて、四十九日になれば気持ちを切り替えてと・・・
前回ブログで書きましたが、なかなかねぇ~

周りから人間と違い、早く土に返したほうがいいよ・・・と言われてるので
返すのだったら、ラルゴがいちばん好きだった柿の木の下と考えているのですが、
いざ庭に出ると、やっぱりまだ傍に置いておこうと言う気持ちが働きますね。

キッチンのカウンターに置いているのですが、
それだけでまだラルがいるような気になるのです。
ここに置いておくと、1日中話すことが出来ますから・・・・←かなり危ない人になっています。

DSC09470.jpg


この調子だとズート置いてるのでは、、、


気分転換に、これって気分転換ていうのか・・・・?
PCのデスクトップの背景?壁紙?がフーガになってるのです。
設定したときがたまたまフーの写真があったから?
その後替え方が分からなかったので そのままにしていたのです。

DSC09499.jpg

私はほとんどPCつけっぱなしだから、だったらやはりラルゴさんにと・・・
フーでもいいのです。いいのですよ。でもでも・・・
ということで、ラルゴさんになりました。フーちゃんごめんよ!
そして病気が出て、見る度に話してしまいますが。。。←とどめなく危ないです。

DSC09455.jpg


まだこんな生活をしているラルハフさんです。


ハーフーは変わらず寝てばかりの1日を過ごしています。

DSC09433.jpg

ラルがいなくなってから引っ付いて寝ることが殆どなかったのですが
久しぶりに引っ付いてますね。
お互い寂しいのでしょうね。

DSC09422.jpg

DSC09407.jpg

今日はラルゴの三十五日。
人で言う四十九日にはしっかり気持ちを切り替えようと。。。


そして気がつけば、2月も半ばになってたのですね。

母が昨年11月に腰椎圧迫骨折で入院。
12月に入ると、次の行き先を言われ、今は3ヶ月以内に出なければ・・・なんですね。

普通は病院の方で探してくれる(紹介してくれ)のだけど
小さい病院なのでそんな窓口がなく、ケアマネさんと必死で探し、あっても受け入れてもらえない・・・
それがやっと見つかり、先日転院。

年末から年始にかけ母とラルゴが重なり、ちょっと大変な日々でした。
落ち着いたとは言え、毎日母の病院へは行っています。
前よりも少し遠くなったのが、ちょっとしんどいですが。。。


先日久しぶりに近くの道の駅へ

DSC09305.jpg

久々の記念撮影 ラルゴがいないのが寂しいです。

DSC09302.jpg

ハーちゃんお疲れ?

DSC09329.jpg

ハーちゃんお腹つきそう

DSC09343.jpg

足並みが合わないのです

DSC09347.jpg

琵琶湖バレイ ただ今150cmの積雪、スキー可能です

DSC09339.jpg


今年はほんとによく降りますね。
皆さんの方は、雪害大丈夫でしょうか。
春が待ち遠しいです。

今日で3週間が経ちました。
まだまだ日を数えてしまいます。特に日曜日になると・・・
亡くなったのが日曜日だったので、今頃・・・あの時は・・・と。


さて、ハーフーがブログネタを作ってくれました。


久しぶりのラルハーフー家の惨状です。

ラルゴが居たときは こんなことなかったのにと。
なぜ居なくなった途端に・・・うぅぅ~ん。

考えてみるとラルが居た頃は ほとんどどちらかが付いてたのでした。
ラルはフリーだったので、2人が目を離すときはハーフーはサークルへ。(寝るときも)
だから悪戯が出来なかったのでした。

今はハーフーだけでお留守番 それもフリーで。
その結果これです。

DSC01191.jpg

この状態を見るのは何年ぶりでしょうかね。



最近散歩で ハーちゃんがラル化しています。

P1080259.jpg

出だしはバッチリ!でも100メートルでスタミナ切れ。
その後ちょっとでも引っ張るともう歩かず止まってしまう。
その上知らない道は歩けない。

P1080234.jpg

フーガさん待ってます。

P1080235.jpg

遅~い!

P1080236.jpg

P1080240.jpg

往生しますわ。

早いものでラルゴが旅立って10日が経ちました。

改めてバセ友さんはじめ、ブログを見ていただいていた方からの励ましetc・・・
本当に嬉しかったです。
有難うございます。


1/4 外の空気が方が楽だったのか・・・何回か外にいました。

DSC01005.jpg


この3年間24時間看護・介護状態だったので、
今は時間が有りすぎ、これでいいのかなって思ってしまいます。

今までは、ラルゴから目を離すときは、お互い(旦那と)
お風呂に入るから、洗濯干してくるから、2階へ行くから、トイレに行くから・・・ラル見ててね・・・とことごとく言ってました。
それが身についてしまい、今でも言ってしまいます。

1日4回食事を与えていたのが なくなったのはいいけど
ハープ・フーガに与えるのも忘れてしまうのです。困ったものです。

DSC01272.jpg




さて、10日ただ々びっくり・・・驚き・・・・




IMG_0605.jpg


朝7時半頃に 今仙台空港なの という電話が有りました。そう岩手県のドディままです。

今から行くからね~と事前に聞いてなかったから、びっくり大慌て・・・
最後のラルちゃんには間に合わないけど、11時頃には行けるからねぇ~~と。
火葬は9時だったので、、、

拾骨終えて帰ってきた頃にドディままも到着。
我が家に1時間、そして旦那の作業所で1時間、
滞在時間2時間です。

たった2時間のために岩手県から来てくれました。
ドーまま曰く、ラルが亡くなったら絶対行こうと心に決めてたとのことでした。
有難いことです。


その後旦那の作業所へ移動

リフォームしてからピアノを持って返ってきてないのです。弾くこともないので・・・
そんなピアノをドーままに弾いてもらいました。
調律もしてないので音もかなりおかしいです。
音は腕でカバーしてくれました。
心が安らいでいくのが分かりました。

『能ある鷹は爪を隠す』まさにその通りでした。

IMG_0600.jpg


15時50分の飛行機なのでそろそろ空港へ
ゆっくり話せたのは異動のときぐらいでした。

ドディままの乗った飛行機が離陸するところです。
お別れはいつも悲しいですが、今回は特にそれが増しましたね。

IMG_0609.jpg

IMG_0610.jpg

IMG_0611.jpg


ドディちゃんとラルゴが姉妹犬(グスタフ君とフーガが兄妹犬)というだけで
亡くなったからっと言って、ただただ2時間のために来てくれたドディままに言葉がないです。

ラルゴの旅立ちで凹んでたのが、ドディままの姿を見て心が温かくなりました。
本当に本当に・・・有難うね。 今度はゆっくり泊まりで来て下さいね。
その後ラルハーフーさんは元気になってますよ。

ハーちゃんはまだ元気ないままです。

DSC01264.jpg



週末また寒くなりそうですね。

先日の雪

DSC01193.jpg

今日の朝

DSC01281.jpg

ラルハーフー

Author:ラルハーフー
FC2ブログへようこそ!